HOME ACTIVITIES HISTORY BBS FAQ link contaqct

3/6東大出身"LGBTのLorB"な女性の会
ちさと - 2016/02/15 (Mon) 02:37:36 | E-mail
はじめまして。都内で働くアラサーのOG(03年入学)です。
こんなコミュニティがあったのですね。学部生の頃は自分のセクシュアリティを認められていなかったのもあって、今回初めて拝見しました。

そんなアンテナの低い私が企画しているのも恐縮ですが…。
女性が好きな東大出身の女性に会うことって、学生時代も社会に出てからも、案外ないと感じています。
そこでこの度、"LGBTのLorB"にあたる私と同期入学の友人とで、以下のような食事会を開くことにしました。
皆さんそもそも普段どこに生息しておられるのか、日々どんなことを考えておられるのか、ざっくばらんにお話しできればと思っています。
今回は初の試みなので、若干条件を狭めて、幹事2名と同様、学部の出身者のみを対象にしています。そのうち院からの方、教職員の方、とゆるゆる広げられたらいいな、と思いつつ。。。

【実施概要(予定)】
日時:3月6日(日)18:00~21:00頃
場所:本郷近辺 ※人数次第でお店決めます
会費:5000円程度 ※学割検討中
※場所と会費については人数確定した段階で相談させていただき、その結果を踏まえ変更の可能性もあります
参加条件:
・東京大学の学部出身者であること(現役生、留学生も可)
・女性が好きな女性であること
※幹事はアラサー2名ですが、参加条件に合う方であれば、世代問わず歓迎です。

【お申し込み方法】
お名前(ニックネーム)、年代(アラサーとか、その程度で可)、駒場でのクラスと語学(例:文三16組フラ語)、何か一言(あれば)を明記の上、メールにてお申し込みください(アドレス:ut_lproject★yahoo.co.jp ←★を@に変えてくださいね)
2/27(土)までに一旦お申し込みを締め切り、場所などの詳細を調整させていただきます。とはいえ人数制限はないので、直前でも参加したい場合にはお気軽にご相談くださいね。

ご質問等はお気軽にメールいただければ幸いです(イベント参加と関係のないお問い合わせにはお答えしかねる場合がありますのでご了承ください)。
周りの東大出身LorBのお知り合いにも、ぜひ本件ご紹介いただければ嬉しいです。
LGBTスタディーツアー in NY 2016
LGBT Youth Japan - 2015/11/08 (Sun) 19:05:08 | E-mail
「LGBTスタディーツアー in NY 2016」

2013年・14年と過去に2度開催し、毎度ご好評をいただいているツアーを今年も開催します。日本でLGBTを取り巻く社会問題を変えていくひとつの方法として、やはり海外での原体験が必要だと団体メンバーも強く感じ、復活に至りました!

例年通り、LGBT支援団体が300以上あるニューヨークでNPOやLGBTフレンドリー施策を行う企業を回り、「自分たちの社会の未来像」を考えます。

ツアーだけにとどまらず、ツアー前の事前研修からツアー後の報告会までの4ヶ月を通して日本・海外のLGBTを取り巻く環境について学び、発信することで「自分には何ができるか」ということに徹底的に向き合います。

海外に飛び出すアツい8日間にあなたも仲間として参加しませんか?NYでの原体験を得て、将来的に社会へ向けて大小問わず、何かしらのアクションを起こしたい方々をお待ちしています!

●ツアー日程:2016/3/9(水)-17(木)(東京発着)
●参加者数:最大5名(最小催行人数3名)
●募集期間
 1次募集:2015/11/1(日)- 2015/11/14(土)23:59
 2次募集:2015/11/16(月)- 2015/11/21(土)23:59
 ※1次募集で定員に達した場合は募集を締め切る可能性があります。
●参加費用:190,000円前後
 ※あくまで前回からの目安です。航空券取得時期によって変動の可能性があります。
●募集要項の詳細/お申し込み方法
 下記URLをご確認ください。
 http://lgbtyouthjapan.jimdo.com/lgbt-study-tour/study-tour-2016/
無題
かず - 2015/09/10 (Thu) 03:37:33
一般的な、比較的恵まれた若いゲイたちの予後って知ってる?(黒い女教師風)

楽しい時期はすぐ過ぎていく

飲み会や親せきからの結婚しないの?おかしいんじゃないの攻撃が徐々に心身を蝕む
親に理解があっても親が周りから攻撃されて苦しむのを見るのがつらい
ましてや東大生はお見合い市場でひくてあまたなのでいつまでもフリーだといろいろセッティングされ、断ると上司とかの機嫌を損ねて出世の道とかからはだんだん遠くなり、本来の能力からすると不本意な地位に押しやられていく

かたやゲイ業界は東大生ほど恵まれていないでいわゆる非正規雇用転転組に固定されていく人が多く、比較的待遇のよい東大ゲイとかとは差が開いていき、嫉妬やおもしろくない感じにつながり、「いつも上から目線だよね」とかいわれてなんとなく関係がつらくなったり、ぎくしゃくしがちになる

おもしろくないゲイたちは20代以上に生の危険なセックスやドラッグ、時には犯罪行為に走る人が増えてくる、それに巻き込まれないように距離を置くとなかなか人間関係の維持が困難になる
巻き込まれてHIVになったり覚醒剤で警察沙汰になるのはエリートゲイでもしばしばある

そうやって乗り切っても30代後半になると容姿の衰え、ついていく脂肪、しわで人気はなくなっていく。
それもなんとなく性格をひねくれさせる

そして、親も老いていき、介護等が社会生活を圧迫してくる

これが現状
10/17講演会: 自分らしい性を生きる ~LGBTIの「私」が命をかける理由~
アムネスティ・インターナショナル日本 - 2015/09/08 (Tue) 15:08:31 | E-mail
■日時:2015年10月17日(土)14:00~17:00
■会場:青山学院大学青山キャンパス 4号館2階420教室
■資料代:一般/800円 学生/500円

今年4月、東京都渋谷区でパートナーシップ条例が発効されました。海外でも、5月にはアイルランドが国民投票によって同性婚を認め、翌月には米国の連邦裁判所が同性カップルの結婚を合憲だと判断するなど、多様な「性」のあり方を認め合う動きがあります。一方で、LGBTI(※)の人たちは、今も多くの国や地域で差別や暴力に苦しんでいます。同性愛を犯罪とし、刑罰を課す国も決して少なくありません。ときには命を奪うこともあります。

今回、アフリカでLGBTIへの差別や暴力をなくすため、長年、活動しているファドツァイ・ミュパルツァさんをお招きし、講演会を行います。ファドツァイさんは、自身の性的指向や性自認、日々の取り組みを理由に身の危険にさらされながらも、アフリカ連合や国連への政策提言、LGBTIを差別する法律の改正、被害者の支援やサポートを行っています。

当日は、ゲストの経験と活動を通して、LGBTIの人びとが直面している苦難とこの問題の国際的な動向をお伝えします。多様性のある社会づくり向けて、私たち一人ひとりに何ができるかを考えます。

※LGBTIはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックスの総称。性的指向や性自認に関して自らを表現するために人びとが使う言葉はさまざまです。人びとを一つのアイデンティティにまとめたり、固定したり、差別したり、また多様性を無視しようという意図はありません。

▽イベントの詳細・お申込み:
http://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/1017_5517.html
無題
かず - 2015/09/02 (Wed) 01:40:05
一般的な、比較的恵まれた若いゲイたちの予後って知ってる?(黒い女教師風)

楽しい時期はすぐ過ぎていく

飲み会や親せきからの結婚しないの?おかしいんじゃないの攻撃が徐々に心身を蝕む
親に理解があっても親が周りから攻撃されて苦しむのを見るのがつらい
ましてや東大生はお見合い市場でひくてあまたなのでいつまでもフリーだといろいろセッティングされ、断ると上司とかの機嫌を損ねて出世の道とかからはだんだん遠くなり、本来の能力からすると不本意な地位に押しやられていく

かたやゲイ業界は東大生ほど恵まれていないでいわゆる非正規雇用転転組に固定されていく人が多く、比較的待遇のよい東大ゲイとかとは差が開いていき、嫉妬やおもしろくない感じにつながり、「いつも上から目線だよね」とかいわれてなんとなく関係がつらくなったり、ぎくしゃくしがちになる

おもしろくないゲイたちは20代以上に生の危険なセックスやドラッグ、時には犯罪行為に走る人が増えてくる、それに巻き込まれないように距離を置くとなかなか人間関係の維持が困難になる
巻き込まれてHIVになったり覚醒剤で警察沙汰になるのはエリートゲイでもしばしばある

そうやって乗り切っても30代後半になると容姿の衰え、ついていく脂肪、しわで人気はなくなっていく。
それもなんとなく性格をひねくれさせる

そして、親も老いていき、介護等が社会生活を圧迫してくる

これが現状
2015/2/21のご報告
コーディネーター - 2015/02/22 (Sun) 11:49:23
去る2月21日の飲み会には初参加の方2名を含む23名の方にご参加いただきました。
ありがとうございました。

次回は春頃の開催を予定していますので、
よろしくお願いします。
2014/8/30 夏の宴
サトシ@コーディネーター - 2014/08/20 (Wed) 19:32:06 | E-mail
こんにちは。
暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
来たる8月30日に夏の宴を開催いたします。
盛り上がりましょう!

参加ご希望の方は
portarubra@yahoo.co.jp
までご連絡ください!
一般論
Yusuke - 2012/07/26 (Thu) 00:12:55
この板の人たちはみな若いんでしょうか。学生さんがきっと多いんですね。
ゲイの人たちは重い話が嫌いですけどなんとなく、アラフォーに近いおばば東大卒がいろいろ味わってきたことを書いてみようって気になりました。

三井物産、みずほ銀行などの一流企業ではやっぱ結婚のハードルがとても高いですね。つまり結婚しなかった場合に受けるストレスや不利益が非常に大きい。これは29,30歳・・となるにつれてよく分かると思います。
そのような一流企業で独身でやっていくには逐一設定されるお見合いや合コンをうまくかわし、寿狙いのOLたちのアプローチを日々うまくかわし、飲み会やいろんな懇親会でいちいち結婚をネタにされたり下手な説教くらっても笑ってやりすごす、など業務以外で耐えなくてはならないストレスが膨大になります。
そしてこれが何年もエンドレスに続くんですよ。最初は耐えられてもだんだんきつくなります

もちろんよい相手がいれば結婚してもよいと思いますしそれも一つの人生です
実際にそのような環境では仕事を辞めてしまうか結婚して家庭を持つか、のどちらかを選ぶことになるのが現実です。

ただし30を大きく過ぎてくると転職もなかなかきつくはなります。いくら東大生とはいっても何かよほどセールスポイントがないとよい条件でたとえば外資なんかに移るのはまず難しいでしょう。

まあ、自分みたく転職のたびに年収もどんどん減りながら二流企業みたいなとこや非正規の仕事、あるいは東大生という履歴をいかして塾等の非常勤の仕事を探して日々食べていく、みたいな人も少なくないかもしれません。

そういえば同期で30前に某区役所に再就職した人がいました。公務員も一種で超エリート目指すなら結婚とかは絶対条件ですけどとりあえず解雇にはならずに食べていけるメリットはあります
ね。

僕も若い時はけっこう遊んでた方ですが、その当時わいわい騒いでたきれいで輝いてた人たちも自殺しちゃったり、うつ病とかでひきこもったり、ドラッグで逮捕されちゃったりとかそういう話もけっこう聞くし実際に見てきました。

きっと中には輝いたままいろいろ恵まれていきていける人もいるのかもしれませんしこの中の人たちもそういう恵まれた中で生きていければいいと思うんですが、自分も若い頃はいろいろ甘い考え多かったしこの板の人の書き込み見ててなんか老婆心っていうか、よけいなお世話だったかもしれませんが・・

もし趣旨にあわなかったら削除してください。あるいは批判的意見をください。

みなさまの活躍を祈願します
Re: 一般論
rr - 2013/01/29 (Tue) 10:42:55
日本の大企業に就職しました。結婚しない人も最近は珍しくないわけですが、結婚しないことによって受けるストレスはやはり現実には大きいです。気の持ちようなのかもしれませんが、30歳を過ぎると自分のようなクローゼットなゲイはほんとに色々きつくなってきます。板汚しすみません。
Re: 一般論
Yusuke - 2013/02/06 (Wed) 02:08:47
>rrさん

お返事いただいてありがとうございます。
自分は40手前になってもう運命を甘受するというかそういう感じですかね。。

とくに東大生とかだと有望な結婚相手とみなされてちょっと油断して「なかなかいい人がいなくて」みたく言ってしまうとお見合いや合コンみたいのセッティングされたり、日常でも東大出身一流企業と結婚したい女たちのなりふりかまわぬアタックに悩まされたりなかなかきついですね。

昔は結婚するゲイに批判的でしたがまあいまとなってはそういうのもしかたないかなって思いますよ。正直何が正しくて何が間違っているのかよく分かりません。
Re: 一般論
rr - 2013/02/22 (Fri) 07:44:33
運命として割りきることも必要だし、正しい生き方はないのかもしれませんね。
強い皆さんを見習いたいです。
Re: Re: 一般論
Yusuke - 2013/06/11 (Tue) 09:27:03
あんまり考えても仕方ないですね。
今までもよく思い出すと、人生の要所要所ではいろんな強制力が働いてここまできた気がします。あーこういう運命だったんだ、みたいな、後から気づくこともしばしば。
自分たちの頃はそういえばこっちへの扉はすごく狭かったなあ。
Re: 一般論
ようじ - 2014/07/26 (Sat) 04:17:07
ゲイとして生きようとすると 親を傷つけたりする
そういう性向を押し殺して 多数のように生きたほうが もしかしたら 正しいのかもしれない

きっと人生には 答えはないんだって思う
LGBT Study Your in NYのお知らせ
高橋佳奈子 - 2014/05/26 (Mon) 23:20:48 | E-mail
~今夏アメリカ、NYで最高の学びを経験しよう!!~

昨年大好評だった国内初のLGBTスタディーツアーを今年もやります!

絶賛参加者募集中!!

初めまして。突然の投稿失礼いたします。
LGBT Youth Japanの高橋佳奈子と申します。

この度は皆様に弊団体が2014年9月8日~18日に実施するLGBTスタディーツアーのご案内をさせて頂きます。



私たちは「誰もが自己肯定感をもってありのままに生きていける社会」を目指して活動しています。

活動の一環として海外へのスタディーツアーを行っており、昨年に続き今年もNYへ渡航します。

参加者は事前研修、事前合宿、NYへの渡航、帰国後の報告会という約4ヶ月を通して、

日本でのLGBTの現状、アメリカでの取り組みを学び、「自分はどうするのか」という問いと徹底的に向き合います。



現在絶賛参加者募集中です!!募集期間は、

一次募集:2014年5月21日(水)~2014年6月3日(火)

二次募集:2014年6月5日(木)~2014年6月13日(金) 



~こんな人を求めています~



▼セクシュアリティ不問

▼20-29歳の若者

▼主体的に学び、集団行動が出来る方。また国内のLGBTを取り巻く状況に問題意識を持ち、その解決に取り組もうという意識のある方。



興味のある方は下記URLから詳細をご確認ください。

http://urx.nu/8ttp



皆様とお会いできるのを、一同心から楽しみにしています!

どうぞよろしくお願い致します。



LGBT Youth Japan
高橋佳奈子
勉強会企画中
yarase - 2014/05/16 (Fri) 04:04:24
心理に近い学部、院生のYaraseといいます

複数の研究で同性愛者、hiv患者において 境界性人格障害の発症率がかなり高いことが知られている。一部にはアスペルガーでも同様の傾向があるといわれる。

どうして同性愛になるのか、そこに境界例発症のリスクとの関連も勘案すると、やはり幼少期での生育家庭における歪んだ愛、あるいはニグレクト、個人の尊厳の蹂躙、といった現代的問題が浮かんできます。

学内での研究会が決まりましたらまた連絡を予定します。参加者が集まるかはわかりませんが集まりそうなら連絡先も記載する予定です
contact